春を前に身体のメンテンナスが出来るワークショップ開催:2015年3月15日(日) - 治し家鍼灸院 イベント・セミナー情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を前に身体のメンテンナスが出来るワークショップ開催:2015年3月15日(日)

「2015年3月春のワークショップです。長い冬が終わり活動の始まる春に向けて身体を回復させましょう。

自ら身体の痛みや病を克服する”ワークショップ第20弾

2015年第2回目のワークショップでは患者さんにお伝えするようになってから劇的に改善が見られる「重力と拮抗するための舌の作り方」を再びお伝えします。

劇的に身体の緊張がとれ、浮いてるかのように軽くなるので、ぜひ修得にいらして下さい。どなたでも身に着けることができます。

啓蟄が過ぎた3月15日(日)に開催!肩・腰・首などがつらい方、冬の間に身体が固まったと感じる方、自分の身体を大切にしましょう。

※今回も、放射能対策や内部被曝の解消方法もお伝えします。

ワークショップの概要

常日頃から、身体の痛みや疲れやすい体調、人には相談できない心労や浅い呼吸で悩まれている方、不妊や生理不順などでお困りの方へ・・・

なぜ身心の不具合が起こるのか?そのメカニズムを子供でも分かるようにご説明します。

そこから日常生活の中でのちょっとした努力と身体のメンテナンスを続けてあげることでどんどん身心が楽になります。

身体から鬱やパニック障害を克服することもできる技です。

身体は車と一緒でメンテナンスをしてあげれば乗り換えずに何十年も走り続けることができますが、何もせずに放っておくと直ぐに故障したり、酷い時には修理に出さなければいけません。

でも、身体を買い替えることはできないのです。そこで・・・

  1. 身体の滞りを両手を使って取り除く
  2. 浅くなっている呼吸を改善する
  3. 自分の身体だけでなく身近な人の身体をケアできる

自らメンテナンスできる方法を習得することで「身体の自己治癒力」を身に付け、それまで隠れていた身体のポテンシャルを引き出していく。

人間の身体は自ら再生していくようにできています。

震災後、東日本の被災地へ定期的に通い”自分で身体をメンテナンスする方法”を教えてきたノウハウと、未だに収束しない原発事故による放射能の被害をできるだけ防ぐ方法や、内部被曝の解消方法についてもお伝えしていきます。

この機会に、ご家族やご友人、パートナーの方々とぜひご参加ください。

A.自己治癒を促すワークショップ

【所要時間】:1時間半~2時間程度

【参加費用】:5000円

※カップルや親子での二人一組での参加の場合

お二人で9000円

※学生4000円

※過去にご参加頂いた方 1000円割引

【定員】:13名

【日時】:予約制になります。2015年3月15日(日) 15:00-17:00

※ご都合の合わない方でワークショップの開催をご希望の方は、下記のご連絡先までご一報ください。国内外出張致します。

●ジーパンやストッキングなどの締め付けられる服装ではない、ラフな格好で。(膝までまくれるとベストです。お着替えする場所はございます。)
●開始1時間半前からは何も食べずにいらして下さい。お水は大丈夫です。
●お水500ml程度をご持参ください。飲料用です。

【振込先:ゆうちょ銀行】

・ゆうちょ銀行からの場合:【記号】10990 【番号】22219851 普通口座
名義:角谷敏宜 カドヤトシノブ (治し家鍼灸院長)

・他金融機関からの場合:【店名】〇九八 【店番】098 【口座番号】 2221985

<開催場所・連絡先>

治し家鍼灸院:西荻窪駅北口から徒歩1分

電話:03-5938-7048

担当者:星子

メールアドレス:starchild@naoshiya.info

上記の電話番号またはメールアドレスに「ワークショップ」というタイトルを添えてご連絡ください。

スペースに限りがありますので、予約制にさせて戴きます。

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。