7/24(日)【初級編&中級編】 自分で身体の痛みや病を克服するワークショップ - 治し家鍼灸院 イベント・セミナー情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/24(日)【初級編&中級編】 自分で身体の痛みや病を克服するワークショップ

2016年初の中級編も午後に行われます、7月のワークショップのご案内です。

既に、半数以上のご予約を頂いております。参加ご希望の方は必ずnaoshiya7048@gmail.comまで「ワークショップ」というタイトルを添えてご一報ください。

※メールアドレスが新しくなっております。ご確認ください

自ら身体の痛みや病を克服する”ワークショップ

<初級編>

身体は車と一緒でメンテナンスをしてあげれば乗り換えずに何十年も走り続けることができますが、何もせずに放っておくと直ぐに故障したり、酷い時には修理に出さなければいけません。でも、身体を買い替えることはできないのです。そこで・・・

 ①身体の滞りを両手を使って取り除く
 ②浅くなっている呼吸を改善する
 ③滞らない身体を作る
 ④自分の身体だけでなく身近な人の身体をケアできる

自らメンテナンスできる方法を習得することで「身体の自己治癒力」を身に付け、それまで隠れていた身体のポテンシャルを引き出していく。
人間の身体は自ら再生していくようにできています。

<中級編> ※参加できるのは初級編を受けていただいた方です

初級編で学ぶベーシックなことを飛ばして・・・
1.自分の顔や身体を鏡で見てどこが悪いのか知る方法
2.不具合を起こしている箇所を自分の両手を使って改善する方法
3.正しい呼吸と姿勢ができるようにするための舌の位置とその作り方
4.瞬時にぜい肉を落とす痩身法(一瞬で小顔になったり、ヒップアップしたりする技)
5.最後に正しい姿勢を楽にとるための解説と技をお伝えします

どれも自分一人でできる技であり、修得したら身近な人にもしてあげられるものです。もちろん、資格はいらないのでご自由にお伝えください。

震災後、東日本の被災地へ定期的に通い”自分で身体をメンテナンスする方法”を教えてきたノウハウから、熊本地震以降いつどこで起きてもおかしくない緊急災害時のカラダのケア方法まで織り交ぜていきます。また、未だに収束しない原発事故による放射能の被害をできるだけ防ぐ方法や、内部被曝の解消方法についてもお伝えして行く予定です。

ワークショップ概要

【日時】 2016年7月24日(日)
<初級編>11:00-13:00 定員13名(残り8名)
<中級編>15:00-17:00 定員18名(残り8名)

【参加資格】
<初級編>どなたでも 
<中級編>過去にワークショップや講演を受講されたことがある方。もしくは個人セッションを過去に受けられたことがある方対象となります。東京以外で開催されたものでも構いません。

【所要時間】 1時間半~2時間程度

【参加費用】 5000円+消費税=5400円
※カップルや親子での参加の場合、お二人で9000円(税込9720円)
※学生もしくは21歳以下の方は4000円(税込4320円)
※初級編・中級編ともに二回目の方は4000円(税込4320円)となります

【振込先:三井住友銀行】
三井住友銀行
西荻窪支店
普通口座 6749396
角谷 敏宜 (かどや としのぶ) 

治し家鍼灸院長

※ご都合の合わない方でワークショップの開催をご希望の方は、下記のご連絡先までご一報ください。国内外どこへでも出張致します。

<開催場所・連絡先>
治し家  西荻窪駅北口から徒歩1分
http://naoshiya.info/access/
電話;03-5938-7048
担当者;星子
naoshiya7048@gmail.com

上記いずれかの電話番号またはメールアドレスに「ワークショップ」というタイトルを添えてご連絡ください。
スペースに限りがありますので、予約制並びに事前振込み制にさせていただいております。お振込先を頂いたメールに添えてご返信させていただきます。

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

<<当日ご準備頂くもの>>
・ジーパンやストッキングなどの締め付けられる服装ではない、ラフな格好で。(膝までまくれるとベストです。お着替えする場所はございます。)
・開始1時間半前からは何も食べずにいらして下さい。お水は大丈夫です。
・お水500ml程度をご持参ください。飲料用です。
・親指の爪は長過ぎない方が好ましいです。少しの爪でしたら使いやすいのでそのままお越しください

以上、宜しくお願い致します。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。